正社員の工場勤務の仕事内容

ベルトコンベアの部品を組み立てる

工場で正社員として働く場合、どんな仕事内容なのか気になる人は少なくありません。工場によって多少資格の有無なども変わってきますが、大まかに分けて4つとなっています。最もポピュラーな仕事はライン作業です。ライン作業とは、ベルトコンベアに乗せられてくる部品を組み立てていく作業で、担当する部署によって行う作業は異なります。ねじを締める場合や、はんだ付けをする場合など、工場の取り扱うジャンルによって異なるからです。中には食品関係の作業や半導体関係、家電や自動車関係などもあります。 同様にベルトコンベアに乗せられたものを組み立てる作業の一種として挙げられるのが、マシンオペレーターです。機械を使って部品を組み立てるなどの作業を行い、検品をして間違いなければ次の作業者に流す形をとっています。機械の使い方がわからない人は利用しないと考えられているため、工業高校出身者のみが行うイメージが強いです。しかし、未経験者でも作業を行える場合もあるため、応募するときには問い合わせてみることが必要となります。未経験者でも採用している企業の特徴として、面接時にやる気や元気のある人であれば作業ができると判断することが多いです。

作業内容はベルトコンベアだけではない

ベルトコンベアの部品を組み立てる以外の仕事として、ピッキングがあります。指示書をはじめとした伝票に書かれたものを倉庫から取り出す作業です。長時間立ち仕事や重い荷物を運搬する仕事も多く、足腰に負担がかかる作業となっています。未経験者が配属されることの多い仕事ですが、正確にこなすためには、伝票に書かれているものを正しく素早く用意することが必要です。また、業者によってはフォークリフト免許が必要となる場合もあるため、注意してください。

また、製品に異常がないか確認する検査の仕事や、企業の計画に沿って生産量や目標率達成するためにどれくらいの人が必要となるのか、原材料を注文しなければならないといった生産や工程の管理を行うことも多いです。特に正社員の場合には工場の仕事をすべて実行してから生産や工程の管理社員として育成されることが多くなっています。工場の事務所で働く人も少なくありません。管理者として働いている人の中には、すべての業務を学んで事務員として働く人もいるといいます。このため、事務員として働くことを希望している場合は、求人情報を見て応募するよう心掛けてください。単純に工場勤務といえども、正社員として働く阿合には多岐の作業がありますので、応募するときは注意しとして応募しましょう。

日総工産の求人の募集する時は勤務時間や業務内容を確かめ、スキルアップをするなど職場に貢献するよう目的を決めることが大事です。