正社員の工場の求人を探すときのポイント

定年までキャリアアップを図れる職場かどうか見極めよう

正社員の工場の求人を探すときには、在職中の社員の年収モデルや主な業務内容などを確認して、定年までキャリアアップを図れる職場かどうか慎重に見極めをすることが重要となります。たとえば、製造現場で長く経験を積んだ後に工場長や現場責任者などの役職に就けるところや、段階的に給料アップを期待できるところは、製造業界に関心がある多くの求職者の間で理想的な職場として注目が集まっています。また、全国各地に生産拠点がある企業に就職をする場合には、求人票に目を通したり、求人担当者に問い合わせたりして、就職後の転勤の可能性についても早めに確認しておくことが大事です。 工場の仕事の経験が少ない人は、配属先によって業務内容を覚えるまでに時間が掛かることもあるため、なるべく新入社員に対する教育が丁寧に行われている工場を探すことがポイントです。大手企業の工場においては、入社が決まった社員を対象に集合研修を実施したり、各現場で教育担当の先輩が仕事中にフォローをしたりしているところもあり、若手社員も安心して働くことが可能です。なお、配置転換の機会が少ない工場に就職をしたい場合は、就職活動中に待遇や業務内容ばかりでなく、職場環境や人間関係なども重視する必要があります。

プライベートの時間を確保したい人は残業や夜勤の有無をチェック

工場に正社員として就職をした後に、仕事漬けでなくプライベートの時間もしっかりと確保したい人は、各地の工場の残業や夜勤の有無についてチェックすることが大切です。たとえば、一年を通じて従業員が不足している工場においては、正社員が希望通りに休日を取ることができなかったり、長時間の残業を任されたりするケースもあります。こうした問題を防ぐには、時間を掛けて製造業の求人がたくさん掲載されているサイトを使ったり、就職相談会などに足を運んだりして、興味がある工場の人員配置について把握することがおすすめです。

従業員の処遇改善に努めている工場の中には、正社員の他に期間工やパートを採用して、一人あたりの業務量を減らそうとしたり、有給休暇を消化しやすくしたりしているところも多くあります。そこで、一つの工場できちんとキャリア形成をするにあたり、求職中に身近なところにある工場の取り組みに目を向けて、働きがいのある職場を選択することが肝心です。その他、製品の組み立てや検品作業など立ち仕事をする機会が多い工場で働く場合には、少なからず体に負担が掛かることがあるため、数時間おきに休憩を取ることができる職場を探すことが大事です。