正社員の工場勤務の給料事情

若い世代の給料は他業種と比べると比較的良い

工場で働いている正社員の給料は、基本的に年齢が上がるほどアップしている傾向にあると言えます。例えば20代の正社員の工場勤務における月収は手取りで20~25万円が一般的な相場と言われています。これは年収に換算すると賞与を含めて300~400万円になります。これは同じ年代の他業種の正社員と比較すると工場勤務の給料は悪くはない状況にあると言えるでしょう。ただ高卒で20歳に満たない正社員は、これよりも給与は低く設定されている傾向にあります。工場勤務と聞くと仕事がキツイと思われている人もいるかもしれません。しかし、現在の工場の仕事は単純な作業も多いため働きやすく、その上給料も比較的良い傾向にもあるようです。 自動車を製造する工場のような体力を使うキツイ職場は確かにありますが、その分、給料は高めになっています。一方、30代における工場勤務の給料は手取りで月収が約30万円前後が相場であり、年収では400~500万円となります。しかし、30代の場合は仕事の内容によって給料も変わってくる傾向にもあると言えます。例えば20代の頃と同じような仕事をしていると給料のアップはあまり期待できないでしょう。一方、スキルを磨いて実績を積んでいけば年収がアップする可能性は高くなるでしょう。

40代の場合、役職に就けばさらに給与のアップが期待できる

40代の正社員における工場勤務の給料は手取りで月収35万円~40万円が相場とも言われています。賞与を含めた年収となると500~600万円という事になります。しかし、40代になってくると役職に就いて責任ある立場になる可能性もあります。その場合、給料はさらに高くなる事が期待できるでしょう。また大手企業の工場勤務であれば、年収が600万円以上になるケースも少なくありません。一方、工場で勤務する正社員の場合、資格を取得すると収入がアップする傾向にあるようです。工場勤務では、様々な技術が求められてくるため、企業の多くが資格手当を設けています。資格手当の一般的な相場は数万円程度と言われています。 また会社によっては資格を目指す人に教材費や講習費などを負担してくれる場合もあります。仕事の合間に資格の勉強をするのは容易ではないと言えますが、少しでも給与のアップを目指したいという人にはおすすめなのかもしれません。工場で働く正社員の給料事情は、どの年代を見ても意外と悪くはないと言えるでしょう。作業で使用する設備の進歩といった背景もあり、単純化されている作業も増えています。そのため、仕事の内容を考えると工場で勤務している正社員の待遇は良いと言えます。